放射線治療は癌の治療法の中でもダントツな効果を発揮してくれる

医者

放射線の力で治す方法

ハート

癌治療の中でも意外に歴史の古い放射線治療は、X線やガンマ線・電子線といった放射線の力で癌細胞にダメージを与える方法です。体の奥深くにある内臓でも、切らずに治せる点に大きなメリットがあります。放射線照射の際に正常細胞への影響を最小限に食い止めるため、さまざまな新技術も実用化されています。

More...

放射線を使って病気を治す

診察室

癌の有効な治療法の一つとして、放射線治療があります。細胞をコントロールして癌細胞を減らし症状改善に役立ちます。放射線治療期間中は、生活習慣に気をつけて心も体もリラックスした状態で過ごせるように環境を整えることが大事です。

More...

手術ができない時の治療法

病院

体調を整えることが大事

癌の治療法には外科的手術と抗ガン剤治療と放射線治療の3つがあります。放射線治療は手術ができない部位の治療に行われます。また手術後の癌の転移を防ぐために、抗ガン剤治療と一緒に行われます。原則的に放射線治療は通院で行うことになりますが、家庭での生活で注意する点があります。それは疲れすぎないことと体調を維持することです。放射線治療には副作用がありますから、それに耐えられるように体調を整えておく必要があるのです。また放射線が当たる部分は敏感になるので、直射日光に当たらないようにします。また衣類もゆったりしたものを着用し、入浴の時には短時間で済ませてお湯は温めにします。また放射線の当たる部分には化粧をしないように注意が必要です。

副作用が出た時の対処法

放射線治療の特徴は身体にメスをいれることなく、臓器の癌細胞をやっつけることができる点です。最近はピンポイント照射ができるように開発されているので、癌細胞だけを狙って破壊することができるようになっています。それでも正常細胞に照射が当たりますので副作用が出ます。主に吐き気や下痢の症状ですが、ひどい時には医師に治療薬を処方してもらう必要があります。また頭頸部の癌治療では唾液がでにくくなったり、飲み込みにくくなることがあります。このような時はアミノ酸を配合した栄養剤を飲むと効果があります。放射線があたる皮膚に赤みやかゆみがでることがあります。このような時は濡れタオルで冷やすとらくになります。また毛が抜けることもありますが、照射が終われば自然に生えてくるので心配ないです。

特徴と治療中の工夫

医師と看護師

癌に対する治療法として主なものは手術療法、化学療法、そして放射線治療です。放射線治療はほかの二つの治療法と比べると体への負担が少ないのが大きな特徴で、高齢者でも安心して治療を受けることが出来ます。治療中は疲れやすくなっているので、疲れを感じたらすぐに休息しましょう。

More...