放射線治療は癌の治療法の中でもダントツな効果を発揮してくれる

看護師

特徴と治療中の工夫

医師と看護師

癌の治療は大きく分けると3種類あります。一つは直接病巣を切除する手術療法、一つは癌細胞を死滅させる薬を体内に投与する化学療法、そして3つの代表的な治療法の最後の一つが放射線治療です。放射線治療は癌がある部分に放射線を当てることによって癌細胞の増加を止めたり、減少させたりする治療法です。正常な細胞と癌細胞は放射線に対する抵抗力に差があり、これを利用した治療法です。化学療法や手術療法と比べると体への負担がとても少ないというのが居大きな特徴です。特に大きな体の異変が無ければ自宅から通院しながら治療を受けることが出来ますし、体力のあまりない小さいお子さんや高齢者でも安心して治療を受けることが出来ます。

放射線治療は、身体への負担が比較的少ない治療法ですが、それでも少なからず体への影響があるため、放射線治療を受けている最中はいくつかの事を心がける必要があります。そうすることによって、放射線治療を快適に受けることが出来、癌を早く治療する手助けにもなります。放射線治療を受けている際に引き起こされる副作用の一つとして、疲れやすくなったりだるくなったりするというのがあります。そのため、治療中は出来るだけ無理な運動は避けるようにし、日常生活を送っている中で疲れを感じた時はすぐに休息を取るようにしましょう。また、放射線が当たった皮膚にも少なからず影響があり、刺激に弱くなっています。直射日光には当てないようにして下さい。