放射線治療は癌の治療法の中でもダントツな効果を発揮してくれる

看護師

放射線を使って病気を治す

診察室

細胞をコントロールする

癌の治療法の一つとして、放射線治療があります。癌になると癌細胞が発生し増え続けて、初めに出来た部位から移動して体中あらゆるところに転移します。放射線治療を行うことで、癌細胞を減らしたり新しい細胞を増やす手助けをすることで病状の悪化を防ぎ症状を改善します。放射線治療は、手術と同等の効果が得られることもあるので手術の代わりとして使われたり、癌が出来た部位や病状によっては手術や薬物療法など他の治療法も一緒に同時に行いながら放射線治療が行われることもあります。患者の年齢や病状、部位などによっても選ぶ治療法はそれぞれ変わってきますが細胞をコントロールすることで癌の治療に有効である治療法の一つが放射線治療になります。

生活習慣に配慮する

放射線治療を行う際は、日常生活で配慮が必要になります。放射線治療は、通院しながら行い家事や仕事も問題なく行えることが多いですが体への負担が全くないというわけではないため無理は禁物です。疲れやすくなったり体のだるさ、食欲不振、皮膚炎などの症状が起きることがあるので治療期間中は出来る限り休養を取るようにして少量でも栄養価の高い高カロリーな食事にするなどの工夫が必要になります。放射線を照射した部位は、普段よりも敏感になっていることが多いので紫外線に当てないように気を付けながらこすったり刺激を与えないようにしっかり保湿を心がけることも大切になります。心も体もリラックスして過ごせるような環境を整えることが大事です。